結婚する際に

多くの方が結婚式を上げる前に準備するのが指輪です。2人でペアの指輪をする事で2人の絆を表す事で有名な結婚指輪ですが、近年では様々なデザインがあります。
最近では、デザインも多くなってきたため、選ぶのが難しい場合やどのようなデザインを選べば良いのかわからないといった方も増えています。
シンプルでありながらも上品なデザインの指輪が多いので普段から着用できるような指輪だからこそこだわって選ぶ必要があるのです。
妥協せず、こだわりを持って2人で納得のいくデザインの結婚指輪を購入しましょう。

現在では当たり前の様になっている結婚指輪の風習ですが、この結婚指輪の風習は西洋から日本に伝えられた文化なのです。
日本で盛んに行なわれるようになったのは戦後になってからなのです。
日本で結婚指輪が定着してからまだ60年程なのですが、多くの方がこの風習を受け入れていて、今や結婚式と同様に当たり前となっています。
そんな結婚指輪の歴史は長く、歴史を辿ると古代ローマ時代まで遡ることになります。
古代ローマでは約束を行なうときに鉄の指輪をお互いに嵌めるという風習が生まれました。
その風習が現在の結婚指輪の原点とされているのです。当時は約束の印というだけだったので、結婚というまではいきませんでした。
しかし、現在の結婚指輪の定義はローマ教皇のニコラウスⅠ世が作ったとされていて、歴史ある風習なのです。
このように歴史ある結婚指輪は結婚の儀式に重要な役割を持つものになっていったのです。

バーミヤン&ジョナサン
指輪選びのコツ

結婚指輪を選ぶ際には好みやデザイン、人気があるものなど選び方は様々です。しかし、結婚指輪は出来る限り指の形と合うものを選ぶと良いと言われています。毎日身に付けるものなのでデザインよりのつけ心地が重視される傾向にあります。

オーダーメイドも

現在では結婚指輪や婚約指輪のオーダーメイドが大変人気です。ジュエリーデザイナーの方とデザインを考える事が出来るので、必ず納得できるデザインに仕上る事が出来ます。

インターネットでも

最近では、インターンネットで結婚指輪を購入することが出来ます。忙しい方などはジュエリーショップに足を運ぶことが出来ない場合もありますが、インターネットなら現在人気のデザインなどもすぐ検索出来るので利用すると便利です。